00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
   
2020.09.15
NEW 宜野座村役場より【宜野座村役場本庁舎設備等機能強化事業ZEB化公募型プロポーザルにて優先契約候補者として特定されました。
2020.08.31
NEW  【令和2年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業】にて株式会社沖縄タイムス様が「輪転機及び高効率省エネ設備更新による省エネルギー事業」として採択されました。
2020.08.20
NEW  中小企業様へ
省エネ相談、調査診断を無償で実施致します。【琉球新報8月20日付、沖縄タイムス8月21日付経済面】お気軽にお問合せください。お申込みはこちら…
経済産業省【省エネルギー相談地域プラットフォーム】にて省エネ相談や現場調査診断を無料にて受付ております。詳しい事業内容はこちら…
2020.08.03

  一般社団法人環境共創イニシアチブより【令和2年度省エネルギー相談地域プラットフォーム構築事業】にてプラットフォーム事業者として採択されました。省エネ相談、調査診断を無償で実施いたします。お気軽にお問合せください。 担当:座安
2020.06.26
  静岡県環境資源協会より【大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業】を申請するにあたり注意して頂きたい点をとりまとめた【R2補正ご注意いただきたいこと】が公開されまた。
2020.06.19   【補助金活用をご検討されている方へ】
【大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業】についての説明会を開催いたします。
令和2年6月22日~23日㈫ 時間は14時からとなっております。  
説明会参加希望の方は
担当:上原へメールかTEL(098-988-6301)にて受付けております。
2020.06.18
  沖縄タイムス6月18日付経済面にて大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業】について掲載されました
2020.06.17   【大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業】 について詳しい内容は…こちら
2020.06.16
  令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業 の公募が開始されました。
   公募期間:R2年6月12日~7月10日㈮ 
2020.05.21   一般社団法人環境共創イニシアチブより【令和2年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業】にてエネマネ事業者として登録されました。
2020.05.19   令和2年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業 の公募情報が更新されました。
  事業概要パンフレット   公募期間:R2年5月20日~6月30日㈫
2020.05.19
  おきなわ型省エネ設備等普及事業補助金の公募が開始されました。
     公募期間:R2年5月12日~7月17日㈮
2020.05.13   【CO2削減分析診断士制度を発足】
この度、当協議会にてCO2削減分析診断士制度を発足し、該当者3名に資格証を交付いたしました。
2020.04.23   令和2年度CO2削減ポテンシャル診断事業の公募要領が公開されました。
     公募期間:R2年5月7日~6月30日㈫
2020.04.21   令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業
(業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業)の公募要領が公開されました。
     公募期間:R2年5月7日~6月12日㈮
2020.04.21   沖縄タイムス・琉球新報に掲載された【ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化補助事業】に取り組む当協議会の記事をまとめました。

沖縄タイムス11月5日付にて、当協議会がZEB化プランニングを行った案件   
ZEB化補助事業 省エネ建物 県内続々…企業や自治体国の高率補助活用…
沖縄タイムス8月15日付にて、当協議会がZEB化プラ
ンニングを行った案件(株式会社ASAKA ホテルアンテルーム那覇 様)
ZEB化補助事業 防災と省エネに補助金・・・環境省 宿泊施設で全
国初・・・
琉球新報12月3日付にて
、ZEB化補助事業
ZEB化 ビル
も省エネを・・・沖縄CO2削減推進協議会「ゼロ」へ取組・・
      過去のお知らせはこちら
     
地球温暖化とは、人間の活動が活発になるにつれて「温室効果ガス」が大気中に大量に放出され、地球全体の平均気温が上昇する現象のことです。二酸化炭素(Co2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなどが温室効果ガスと言われています。
 地球の平均気温は約15度ですが、もしも地球上に温室効果ガスがなかったとすれば、平均気温はマイナス18度となり、生命の存在できない極寒の星となるはずです。しかしながら地表の気温は、「太陽から届く日射が大気を素通りして地表面で吸収され、加熱された地表面から赤外線の形で熱が放射され、温室効果ガスがこの熱を吸収し、その一部を再び下向きに放射し地表面や下層大気を加熱する」という仕組みにより生物の生存に適した気温に保たれています。
ところが近年、産業の発展や森林の開拓などの人間活動の活発化に伴って温室効果ガスの濃度が増加し、大気中に吸収される熱が増えたことにより、地球規模での気温上昇(温暖化)が進行しています。
 地球温暖化とは・・・ こちらもご覧下さい
 ※画像をクリックすると拡大できます。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
中小企業の省エネ取組をサポートする 全国省エネ推進ネットワーク
 
提案実施実績
補助金申請支援実績
      
 ZEB化事例紹介
 
 

 



 



 
 


 

  


最新バージョンのAdobe Readerのダウンロード

プライバシーポリシー
※本ホームページは、Internet Explorer 8 解像度 1024×786を基準に製作されております。


那覇市地球温暖化対策協議会
http://naha-eco.jp/

おきなわアジェンダ21
https://agenda21.jp/

●環境省
http://www.env.go.jp/

●内閣府沖縄総合事務局
http://www.ogb.go.jp/

●沖縄県環境部 環境政策課
http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/seisaku/index.html

●経済産業省 資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/




Copyright(C)2009 沖縄CO2削減推進協議会 All Right Reserved.