TOP >省エネルギー相談地域プラットフォーム




   計画から実施まで

  地域プラットフォーム構築事業

   

本事業は経済産業省補助事業です。

一般社団法人 沖縄CO2削減推進協議会は、

令和3年度 地域プラットフォーム構築事業に採択されました。


⇒ ポータルサイト【 省エネお助け隊 】  ⇒ 相談窓口【 沖縄CO2削減推進協議会 】


 


省エネにお悩みの事業者の皆さまをサポートします









「省エネお助け隊」は、経済産業省の「地域プラットフォーム構築事業」で採択された、地域密着型の省エネ支援団体です。
中小企業等の省エネ取組に対して現状把握から改善まできめ細やかなサポートをします。


省エネの専門家はもちろん、経営の専門家も参加しており、エネルギーコスト削減などの経営の側面から省エネ提案が可能。

また、設備投資費用削減や、償却年数を抑えるため、補助金等の活用提案に加え、
蓄積された技術、ノウハウを活かし費用対効果を重視した最適なアドバイスを実施。

自治体とは平成21年から連携実績あり。

過年度事業参加実績 平成27年度〜令和2年度にかけ6箇年参加  延べ支援者数84社


《支援事例》
 
 ●工場設備、照明設備の更新による省エネ
クリーニング工場から、A重油ボイラー、照明の更新を検討しており、
実際に設備更新を実施した場合の省エネ効果について診断してほしいとの相談があった。
診断の結果、A重油ボイラーを廃タイヤ乾留炉への更新、照明をLEDに更新、
EMSによるエネルギー管理、高効率変圧器への更新提案をおこなった。
計画時の省エネルギー率29.8%となった。

エネルギーコスト 2260万円/年 削減
 
   
 
 ●照明設備の更新による省エネ
ゴルフ練習場からエネルギーコスト削減の相談があり支援を行った。
現場調査を行い、照明設備を中心に状況を確認したところ、
施設内のほとんどがエネルギー効率の悪い照明機器が使用されていたため、高効率照明への設備更新を提案した。
予算の都合上、一度にすべての機器を更新することが難しいとの事なので、
予算内でエネルギー削減率の高い、ゴルフ場を照らす投光器を更新することを提案した。
現状のメタルハライドランプからLED照明に更新することで
施設全体で6.2%のエネルギーコスト削減をすることができた。 

エネルギーコスト 74万円/年 削減
   

《地域プラットフォーム構築事業》 

●沖縄県の省エネ相談プラットフォーム

省エネルギーに関する中小企業等や個人事業者様の省エネの相談や現場調査診断など、きめ細やかな支援を行います。


●対象となるお客様

中小企業に該当する法人・個人事業主、又は年間のエネルギー使用量(原油換算値)が1,500kL未満の事業所のお客様。


●支援の内容

お客様の省エネルギーに係る様々なご相談をお聞きして、お客様に必要な支援をご提供いたします。

プラットフォームに所属するエネルギー専門家や経営専門家と連携し、お客様のメリットが最大となる支援を目指します。


●省エネ支援

費用は省エネ支援前に算出いたします。(費用の9/10は補助金活用※1

・省エネ診断時に検討した省エネ取組の中から経営状況等を考慮し、取り組む省エネ取組を選定いたします。

・選定した省エネ取組の具体的な省エネ実施計画(運用改善、設備投資等)を策定いたします。

・取り組む省エネ取組ごとに実施体制を見直し、整備いたします。(設備投資→見積依頼仕様書作成、見積依頼など)

※1.省エネ支援費用の1割はお客様ご負担となります。


●お気軽にお問い合わせは

省エネ相談プラットフォーム担当へお問い合わせください。

事業推進責任者:下田   担当:親田、下地

受付:  下田、親田、下地

TEL098-988-6301

FAX: 098-988-6302

Mail: info@nonrisk.co.jp


●受付期間

令和3年7月1日〜令和4年1月31日まで

今年度の予算額の上限に達し次第、受付を終了させていただきます。

 
 







関連サイトはこちら